高熱だったり、吐き気があったりすると、本当に何も食べられなかったりしますよね。

お医者さんにきいたところ、脱水症状が心配だから、水分を少しでも飲めていれば大丈夫。と聞きますが、

家族が病気で、まる一日何も食べてないとなると

「もう、一口でもいいから何か食べて~。」と思ってしまいます。

そこで、病気のときに摂りやすい食べ物と飲み物を調べてみました。

病院の後に待たずに処方せんを予約する方法はこちらから

■ 水分補給はポカリスエットなどのイオン飲料か、水で薄めたリンゴジュースもいい。

一口、二口しか飲めないときは、特に冷たくなくても常温程度でいいようです。

少し元気になって、ちゃんと飲めるようになったら冷やしたものを少しづつあげても良いそう。

ただし、イオン飲料は、結構糖分を含んでいるということなので、水で薄めるなどして糖分の取りすぎには注意です。

■ 食欲が出てくれば、ゼリーや、すりおろしリンゴなどを少しずつ食べさせて、様子をみる。

与えないほうがいいと言われているのが、消化にわるい牛乳やココアなどの乳製品

だから、ヨーグルトも身体によさそうだけど、もう少し、様子をみます。

この時期、脱水症状を防ぐことが大事だと、お医者さんからも、お薬を出してくれる薬剤師さんにも何度も言われました。

食べられなくても必ず、水分はとるようにすることが大事だそうです。

特に熱がピーク時のは、かなり体力を消耗し食欲もない場合が多いですよね。

何日か、きちんと食事をとっていないと心配になってしまいますが、特に、吐き気があるときは喉に詰まらせてしまう場合もあるということなので、無理して食べさせないで、やはり、水分をこまめにあげましょう。

少し元気になって、食欲がでてきた頃、うちの家族は、お粥は普段は好きなくせに、病気のときはまったく食べないので、

主食はうどんを用意することが多いです。

何も具はいれない素うどんですが、お腹にもやさしく、つるつると食べやすいよう。

簡単だし、のどごしも良いので、病気の時は特におすすめです。

子供がじっとしてくれない…処方箋ネット受付で解消!

関連記事

処方箋をもらったら近くの薬局を調べると便利。

家族が熱を出したら