処方箋を薬局でもらう。

ずっと以前は、診察のあとに病院内でお薬をもらう病院が多かったようですが、

今は診察にかかった後、医師から処方箋が出されて、調剤薬局に持っていって処方箋をもらうことが多いですね。

少し面倒・・。病院でもらえたら、便利なのに。と思うこともありましたが、

診察の待ち時間の他に、またお薬をもらう事で病院に長くいるのも二次感染も気になりますし、待ち疲れてしまいます。

処方箋ネット受付ですぐにお薬を受け取る方法はこちらから

調剤薬局では、薬剤師さんがお薬を調合して、お薬をくれます。

薬剤師さんは、患者さんごとに薬歴・お薬のカルテを作成してくれて

その内容は

●お薬の投与が重複していないか

●お薬の飲み合わせは安心できるものであるか

●病気の症状にあっている薬か

●副作用の有り、無し

など、安全に安心して薬を服用できるように、様々なことをチェックをしたり、飲み方や使い方の説明、お薬についての相談にのってくれたりします。

かかりつけの薬局とは???

かかりつけの薬局があると、自分の薬歴・お薬のカルテをもってくれるそうです。

それがあると、

● その病気に効果的に合わせて投薬をしてもらえる

● 自己判断になりがちな、残った薬の管理をしてもらえる

● 薬を重複して渡されるということを防いでくれる

ので、より安全にお薬を飲むことができるようになるメリットがあるそうです。

また、薬についての相談ものってくれるので、自分が不安に思うことや効きめについての疑問も解消できるメリットがあるようです。

また、調剤薬局では日本全国どこの病院の処方箋でも調剤してもらえます。

病院から出たあと、交通手段の確保が難しかったり、自宅の近くに薬局がなかったりなどから、かかりつけの薬局を作ることが難しいと感じたら、お薬手帳があると良いそうです。お薬手帳は、病院ごとにわけるのではなく、一冊にまとめておくと、お薬の記録がずっと残り、これを見せることで、全国どこの調剤薬局に行ったとしても、薬剤師さんに処方されたお薬の記録がわかってもらえる、ということです。

ただ、かかりつけの薬局がそのときの都合に合わずに取りに行くのが難しい場合もあります。

そんな時、お薬を受け取りやすいように、スマホから処方箋の受け取りを予約できるサービスがあります。

病院から処方箋をもらったら、スマホでパシャリ。とカメラでとって、それをメールで送信すると、

お薬ができたら、メールで知らせてくれるので、取りにいくだけ。

家族の薬を受け取りに行くことができるし、自分で受け取る薬局を選ぶことができるので

病院から処方箋を出されたら薬局を選んでおくと時間の短縮になります。

こういう便利なものを使って、上手に病院や薬局とつきあっていきたいものですね。

全国約8,000店舗の薬局へ処方せんネット受付はこちらから

関連記事

病気で食欲がない時は何を食べますか?

家族が熱を出したら